教育ICT推進ナビゲータ、EDLサービスサイト

 

Computational Thinking -計算論的思考


2020年から
日本の学校は、プログラミング
小学校で学ぶ
ことになりました。

そして、近い将来に
Computational Thinking
 (
プログラミング的思考)
各教科に導入することが求められています。

プログラミング?
Computational Thinking?


ほとんどの日本の先生は、

プログラミングを学んだことがありません。
はじめての言葉がいっぱいですが
ここではまず
Computational Thinkingについて
わかりやすく考えてみましょう。

Computational Thinking

主に4つに分かれています。

問題の分解
データやプロセス、複雑な問題などを
解決可能なサイズにまで小さく分解すること。
パターンの発見 問題を解決するために問題の法則性、周期性を見つけること。
抽象化
物事の中から重要な要素を抜き出す能力。
そして、得られたデータを何らかの別の形で表現するときにも必要な能力。
手順化
行動を分解そしてパターン化し、
シンプルかつ具体的にすることができたら、
最後はその手順を小さなステップで並び替えます。


Computation Thinkingを意識することによって
プログラミングを日々の生活に取り入れることができるのです。

そうして、徐々に慣れていきましょう。


 
プログラミング関連 >> 記事詳細

2017/10/12

プログラミング おすすめ本

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚




 2020年から必修のプログラミング教育はこうなる 
 小学校の「プログラミング授業」実況中継

  著者: 松田孝,吉田潤子,原田康徳,久木田寛直,赤石先生
  利根川裕太,國領二郎,サムエル・デビドソン 

  監修: 平井総一朗,福田晴一
  技術評論社
  2017年7月24日初版





 コンピュータを使わない情報教育 
 アンプラグドコンピュータサイエンス

  著者: Tim Bell, Ian H. Witten and Mike Fellows 
  監訳: 兼宗進 
  イーテキスト研究所
  2007年9月1日初版






 教育技術MOOK プログラミング教育 
 導入の前に知っておきたい 思考のアイディア
  著者: 黒田晴夫,堀田龍也 
  小学館
  2017年7月20日初版







 ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング
  著者: リンダ・リウカス 
  訳: 鳥居雪 
  翔泳社
  2016年5月20日初版




17:50 | 投票する | 投票数(0)