Google for Education PD(専門的能力開発)パートナー EDLサービスサイト

 
Google for Education PDトレーニング のお申込み、
導入コンサルティングなどのお問合せは、こちらのフォームよりご登録ください。
 

EDLのトレーナーによるブログです!

Smart Educators ブログ >> 記事詳細

2018/06/27

国が目指す教育の未来。学校教育で課題解決力を高めるためには?

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL島袋

こんにちは! EDLトレーナーの島袋です。

最近、SNSやブログ等で目にすることが多い文科省と経産省の教育に関する提言書の話題です。いい機会ですので普段考えていることを文章としてまとめてみました。

文科省と経産省の提言資料はこちら。

Society5.0に向けた人材育成に係る大臣懇談会:文部科学省

「未来の教室」とEdTech研究会の「第1次提言」がまとまりました (METI/経済産業省)


2つの提言書で述べられているのは、これからの時代は予測不可能性が加速度的に高まり今までの延長線上にない変化があるということです。そして、そのような時代に求められるのが「課題解決力」であり、それを培うためには

「探求する力(メタ認知能力)」
「横断的にリンクさせる力」
「コミュニケーション力(対話力)」

といったものを高めていく必要があるとされています(本当はもっと詳細に書かれているのですが、ここでは勝手に抽象化してます。詳細は上記資料をご参考ください)。
どちらの提言にも明確には記載がなかったのですが、個人的には「コンピュテーショナルシンキング(≒プログラミング的思考)」も入るのかなと思います。
(プレゼンテーション力というのもあると思うが一切触れられず。テーマが”学び方”だったから?)

学校教育で課題解決力を高めるためには?


23:14 | 投票する | 投票数(2) | つぶやき