Google for Education PD(専門的能力開発)パートナー EDLサービスサイト

 
 

2018/11/28

<カリスマ先生>加藤悦雄先生を取材しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL Eduチーム
加藤悦雄先生
大妻中学高等学校 ICTコーディネーター


早くからパソコンやプロジェクター、インターネットを使った学校間テレビ会議交流などを活用した授業を実践。2017年度まで北海道の公立小学校に勤務。石狩市立紅南小学校勤務時には、総務省フューチャースクール・文部科学省学びのイノベーション研究指定校研究推進担当。

Apple Distinguished Edcator(2008)  intel Teach21CS Senior Master 

D-Project(デジタルデザイン研究会)北海道を設立、北海道内のICT研究団体を一つに束ねて活動。日本デジタル教科書学会理事。Teacherなどインターナショナルな教育資格保持。

2018年度より大妻中学高等学校に勤務。ICTコーディネーターとしてBYODによる1人1台タブレットPC導入と校内ICT環境の充実に注力。情報科教諭を兼務。













加藤先生に、以下のことを伺いました。
  • 加藤先生は今年の4月、公立小学校から私学の中学・高校の先生に転身されたと伺いました。活躍の舞台が代わって、今、手応えはいかがですか?

  • 費用に見合った効果が得られるか、ですか……。入れたら魔法のようにすぐ成果が出るというわけではないと思うし、ICTの導入や活用はそういうことだけではないと思うのですが。

  • 成績を上げるためにICTツールを入れるというより、ICTツールを使って仕事をしたり、連絡をとったりしている今の時代、使わないと、世の中から取り残されてしまうんじゃないかと危惧しているのですが……。公立はそういう発想を持たないのが一般的ですか?

  • 現場の先生には、なぜICTなのか、どう始めればいいのか、ステップバイステップでお伝えすればすぐ使えるようになると思っているんです。単に情報が足りていないだけではないですか?

  • 日本の教育全体が変わるのに10年かかるとしても、もう変わっていかないと未来がない。だから、絶対変わっていくと私は思っているんですけど、加藤先生は日本の教育がどのように変わっていくとお考えですか?

  • 前向きな先生を期待するより、もうやらざるを得ない状況にしちゃえばいいんですね(笑)。具体的にどんな風に楽になるのか、ぜひ教えてください!

  • G Suite を使ってほかにどんな「楽」してますか?

  • ICTを使うことで、授業だけでなく先生たちの仕事も効率化することは、とても重要ですよね。加藤先生のアイデア、ぜひ全国の先生方にご紹介したいです!

  • いろいろな活用事例をありがとうございます!では最後に、ICTを使おうと頑張っている全国の先生に向けて、ひとことメッセージをお願いします。

取材記事(ダイジェスト版)は、1月号のSE通信※1 に掲載予定です。
取材記事(全文)は、Smart Educators' Club※2 会員限定で公開中です。


※1: SE通信 1月号は、2019年1月30日発行予定です。(SE通信 バックナンバーはこちら
※2: Smart Educators' Club 会員の詳細は、こちらをご覧ください。




18:10 | 投票する | 投票数(3) | カリスマ先生取材しました!