Google for Education PD(専門的能力開発)パートナー EDLサービスサイト

 
 

2019/01/15

<カリスマ先生>薄井直之先生を取材しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL Eduチーム

薄井 直之先生
茨城県古河市立上大野小学校 ICT研究主任
Google 認定教育者 レベル1


2012年度より茨城県古河市立上大野小学校に勤務。

2015年度から2017年度まで古河市教育ICTエバンジェリストに任命され、古河市へのタブレット導入時にはICT機器の活用方法を検討。学校への導入の際には、操作に慣れた児童を「iPadマイスター」に認定し、高学年児童が低学年児童のiPadの初期設定を行ったり、基本操作を教えるようにするなど、校内での活用普及に努める。

プレゼンテーションを積極的に取り入れるなど、ICT機器を有効に活用した授業実践に取り組んでいる












薄井先生に、以下の内容を伺いました。

  • 薄井先生は小学生のプレゼンテーション指導で実績がたくさんありますよね。iTeachersTV ~教育ICTの実践者たち~』の卒業式スペシャルの中で、児童が「表現するのが得意でも、自分自身を表現するのが苦手」と話していたのが私にはとても印象的でした。

  • 薄井先生のクラスの子どもたちは、今や、自己表現力を発揮した、すばらしい発表ができていますよね。そこへもっていくことができた秘訣って何だと思いますか?

  • 朝の時間にスピーチをするようになったのはいつからでしょう?

  • ICTを使うようになってなにか変わりましたか?

  • ICTの使用で、表現が広がったんですね。子どもたちも楽しんでやっているようですが、スピーチはやって終わりではなく、どこが良くてどこが悪かったか、という振り返りのようなこともされているんですか?

  • どうしても学校で何かやろうとすると、評価が必要になってくることがあると思うんです。やはりプレゼンテーションについてもルーブリックみたいなものを作ってらっしゃるんですか?

  • Keynoteを選んだ理由はなんですか?

  • プレゼンについては、ほかの学年も薄井先生が見てらっしゃるんですか?それとも、担任の先生が中心でやってらっしゃるんですか?

  • 薄井先生は、プレゼンについて何で勉強されたんですか?

  • プレゼンで実績にある薄井先生ですが、ほかにどんな場面でICTを使っていらっしゃいますか?

  • 卒業式の退場で子どもが自分でつくった動画を流したんですか?体育館ですよね?

  • 保護者の反応はどうでした?子どもたちの思い出がオリジナルの動画で流れる卒業式。保護者はうれしいですよね。

  • 最近、過去の作品や作文などの学習活動を全部デジタルデータにして見せる「ポートフォリオ」の話を耳にします。薄井先生はポートフォリオについてどう思われますか?

  • 薄井先生はどんな小学生だったんですか?

  • 薄井先生は先生というお仕事を全力で楽しんでいる印象なんですが、最近、楽しいな、面白いなと思ったこととかありますか?

取材記事(ダイジェスト版)は、1月号のSE通信※1 に掲載予定です。
取材記事(全文)は、Smart Educators' Club※2 会員限定で公開中です。


※1: SE通信 1月号は、2019年1月30日発行予定です。(SE通信 バックナンバーはこちら
※2: Smart Educators' Club 会員の詳細は、こちらをご覧ください。


13:18 | 投票する | 投票数(3) | カリスマ先生取材しました!