教育ICT推進ナビゲータ、EDLサービスサイト

 
EDLのトレーナーによるブログです!
Smart Educators ブログ
2018/02/22new

Google Web Designerで楽しいオリジナルのアニメーションを作成してみよう

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL島袋


皆さん、こんにちは!

EDL 教育ICT推進ナビゲーターの島袋です。

今回はGoogleの便利で高機能で無料なツールを1つ紹介します!

Google Web Designer ってご存知でしょうか?


Googleが無料で公開しているアニメーションが作れるソフトです。
(ダウンロードリンクは記事の最後に掲載しています)

Google for Educationを導入している学校であれば、Gmailの署名の設定でGIFアニメーション(注)の設定ができますので見て楽しい、面白い、学校のPRになるようなアニメーションを作成して周りを驚かせるのもいいですね^^
もちろん、無料GmailアカウントやG Suiteでも同様にメール署名にGIFアニメーションを入れることができますのでぜひお試しください。
(注)Google Web Designerから直接GIFアニメーションを生成することはできませんので、画面録画をしてGIFアニメーションに変換する必要があります。

= Gmailのメール署名設定例(GIFファイルは画像として挿入可) =


また、Google Web DesignerはHTMLやCSSの知識がなくても簡単なアニメーションが作成できる設計になっています。
どんな感じのことができるのかイメージしてもらうため簡単なアニメーションを作成してみました。下↓の方に載せてありますのでよければご覧ください(クオリティ低いですがイメージはできるかと(^^; )。

Google for Education活用集中セミナーとリベンジ受験のご案内


3月は通常のお席はお陰様で満員御礼となりました。4月以降の開催についてはこちらよりご確認ください。

リベンジ受験を応援します!


2日目のGoogle認定教育者レベル1の受験対策に関して、2回目以降の参加を現在は無料にしています()。
3月は満席ですが、リベンジ受験される方のために少ないですがお席を確保することができます。 これまでにEDLのGoogle for Education活用集中セミナーを受講されたことがある方で、レベル1受験に再チャレンジしたと思っている方はぜひリベンジ受験をご検討ください。
お席に限りがございますので、リベンジ受験される方はまずお問合せください。

対策講座への参加は無料ですが、受験する方は別途、レベル1受験料1000円+税が必要になります。講座中ははじめて対策講座を受ける方を優先的に質問対応などを致します。その点ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


Google Web Designerのアニメーションの例として3パターン作成しました^^







Google Web Designerはこちらからダウンロードできます。
対象:Mac 10.9.x 以降、Win 7 以降、Linux 64 ビット(Debian、Ubuntu、Fedora、openSUSE)

Google Web Designerの公式ヘルプはこちら。


07:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/02/20new

活用集中セミナー2月開催

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚ま
みなさま、こんにちは!
EDL 教育ICT推進ナビゲーター 平塚まどかです。

今月も、Google for Education 活用集中セミナーという名の
ブートキャンプに、8名の先生方にご参加いただきました!

今・回・も・満・席・で・す!



土・日と2日連続の開催が多かったのですが、

建国記念日の振替休日(12日)と土曜日(17日)に開催。

千葉県私立高校の英語のH先生は
2日目のGoogle認定教育者レベル1受検を
体験されてから活用集中セミナーに参加されましたし、
「よく聞く”教育ICT”をわかるようになりたい!」と思われて
参加された茨城県大学の家庭科のK先生もいらっしゃいました。

茨城県の大学院にて、
International Baccaroraete Programについて研究されているM先生とK先生、
今回一番遠方から来てくださった国語のN先生、長野からお越しくださいました。

参加された先生方は、
来られた場所も教えられている教科もばらばらですが、
同じ目標を掲げて参加いただいています!

それは…

教育ICTを理解する!
Google認定教育者レベル1に合格する!

                  です。



今回惜しくも不合格だった先生方、
再チャレンジのフォローも全力でさせていただきます!

3月開催の活用集中セミナーは残席1、
4月開催は余裕がございますのでぜひこの機会にお申し込み下さい♪

Google for Education 活用集中セミナーの詳細はこちらから。
お申込みはこちらから。
16:08 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | セミナー/研修
2018/02/09

Google for Education, G Suiteがますます快適に!

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL島袋

画像引用元:日本で 2 か所目、大阪 GCP リージョンの開設について
URL:https://cloudplatform-jp.googleblog.com/2018/02/Osaka-GCP-region-open.html


みなさん、こんにちは!
EDL 教育ICT推進ナビゲーターの島袋です。

皆さんもご存じの通り、Google for Educationは教育機関であれば無料で利用することができます。

無料だと聞くと、大したことできないんじゃないか、安全性はホントに大丈夫?とか動作は早いの?などとマイナスイメージで考えてしまう方も多いようです。

大したことできないんじゃないか?という問いについては、弊社のGoogle for Education活用集中セミナーを受講頂ければ、たった1日でその無限の可能性を感じて頂けると思います^^

⇒ Google for Education活用集中セミナーの詳細はこちら

Googleって本当に安全?快適に使えるの?

学校の授業や校務で使えそうなのは分かった。
じゃ、安全性や動作の速さ・快適さってどうなの?という疑問についてですが、Googleの公式ページで公開されている情報を読んで頂けるとすぐに答えが分かります。

ここではGoogle公式情報より一部抜粋して解説します。

【安全性について】
Google独自のセキュリティシステム導入(動画参照)も行われていますが、第三者機関による認証も取得しています。ISOなどですね。
さらに日本においては、FISCの安全対策基準への適合状況が解説されています。つまり、金融機関などの厳しいセキュリティ要求にも耐えられる基盤システムをGoogleは提供できているということです。もちろん、Google for EducationやG Suiteもこの基盤システムで動作するものですので、安全性がいかに高いかがご理解頂けると思います。

FISC(日本)
金融情報システムセンター -(FISC: The Center for Financial Industry Information Systems)は、日本の金融情報システムに関連する技術、利活用、管理態勢、脅威と防衛策等に関する調査研究を行う公益法人です。FISC によって作成された主要文書の 1 つに、「金融機関等コンピュータ システムの安全対策基準・解説書」があります。この文書は、施設、運用、技術基盤に関連する安全対策基準を解説しています。

Google における管理環境の FISC 安全対策基準に対する適合状況をお客様にご理解いただくため、Google は解説書を作成しました。この解説書で説明されている Google の管理のほとんどは、ISO 27001、ISO 27017 および ISO 27108 認証を含む、第三者監査コンプライアンス プログラムで認定済みです。FISC 安全対策基準に対する Google の対応状況の詳細についてご覧ください。


引用元:GOOGLE CLOUD PLATFORM のセキュリティ

【速さ・快適さについて】
ここでは、Google Cloud Platformの公式ブログより抜粋してご紹介します。
なんと、データセンター(顧客のデータを保管するコンピュータが置かれる建屋)や光ケーブルなどのインフラ設備にここ3年間で3兆円規模の投資をしているとのこと。
さらに日本では、東京に続き大阪にもデータセンターを開設予定ということです。日本に拠点が増えることでGoogle for Educationがより快適に利用できるようになることが期待できます。

Google はこの 3 年間で、自社のインフラ強化のために 300 億ドルを投資しました。もちろん、この投資に終わりはなく、世界各地をつなぎ、クラウドのお客様により良いサービスを提供するために、データセンターの新設や海底ケーブルの敷設などインフラストラクチャの拡張に引き続き力を注いでいます。

引用元:新リージョンと海底ケーブルの増設でグローバル インフラストラクチャを拡張

2016 年に東京 GCP リージョンの提供を開始して以来、日本を含めアジア太平洋地域の多くの企業の皆さまにとって、Google Cloud Platfom はクラウドでアプリケーションを構築する際の強力な選択肢となっています。このニーズにお応えすべく、Google では、日本で 2 か所目となる 大阪 GCP リージョンの開設を発表します。

引用元:日本で 2 か所目、大阪 GCP リージョンの開設について

まとめ

Googleって本当に安全なの?動作も快適なの?というよくあるご質問に対して簡単ではありますが、まとめてみました。教育機関への導入を検討されている方の参考になれば幸いです。

Google for Education活用集中セミナーのお知らせ

お陰様で、Google for Education活用集中セミナーは3月開催分まで満席となっております!
現在急速に教育業界へGoogle for EducationやChromebookの導入が進んでおりますので、すぐに席が埋まってしまいます。興味ある方は開催予定を確認の上、お早めにお申込みをされてください。

⇒ Google for Education活用集中セミナーの詳細はこちら

11:51 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2018/02/06

福島県教育センター Google研修

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚ま
こんにちは!Educationチームの平塚です。

先日、福島県教育センターへ出張研修に行ってきました!



通常定員8人のGoogle for Education 活用集中セミナー、
今回は倍の定員で、16人の先生方に受講していただきました。



そして、つくば開催の活用集中セミナーではChromebookを使っていただいていますが、
今回はセンターのWindowsノートパソコンを使ってのセミナーが進みました!





端末にこだわらないで使えるのがGoogle です。



福島県教育センターの先生方、7時間のトレーニングおつかれさまでした!
もちろん、このセミナーを受けていただいたら終了というわけではありません。

そう、セミナーのもうひとつの目標は7時間で知ったことを活かしてGoogle認定教育者レベル1に合格することです。
すでに何名かの先生方に受験申し込みを頂いています。さぁ、合格に向けてチャレンジ!

Google認定教育者の試験は、個人でも受検していただけます。
EDLではGoogle認定教育者レベル1受検バウチャーを、1,080円で販売しています。

受検に挑戦してみたい、Googleの教育に興味があるという方はこちらのお申込みフォームからお申し込み下さい。

以上、EDL Educationチーム 教育ICT推進ナビゲーターの平塚 円でした!
10:44 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | セミナー/研修
2018/02/01

1月 Google活用集中セミナー 開催報告

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚ま
Google for Education活用集中セミナーをつくばにて開催しました。

セミナー1日目の集中講座は、
大子町教育委員会様貸し切りでの開催絵文字:ひらめき

校長先生、教頭先生、教育委員会の先生方、教員の先生方にご参加いただきました。

  

講座では、実際にクロームブックを使いながら2日間の
講座が進みます。
2日目はGoogle認定教育者レベル1対策&受検を開催しました。

先生方、2日間ブートキャンプおつかれさまでした!!
 


2月開催のGoogle for Education 活用集中セミナーは満席、
3月開催は本日現在残席2となっております。

定人になり次第受付終了になりますので、お申込みはお早めにお願い致します。

今年4月より、Google Japan 本社にてこちらの講座開催を予定しております。
▶2月5日18:00より受付開始いたします。

Google for Education 活用集中セミナーの詳細はこちらです。
09:25 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0) | セミナー/研修
2018/01/17

APAC PD Partner サミット in Sydney!

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚ま


Google Sydneyにて、Google for Education主催 
APAC PD パートナーサミット研修(2017年12月7〜8日)に参加してきました。
遅くなりましたが、参加レポートです。



フィリピン、台湾、シンガポール、オーストラリア、
マレーシア、日本の
Google for Education PDパートナーと一緒に
Googleによる2日間のProfessional Development 研修を受講。

Google for Education、 GSuites for Education、Google セキュリティ、

Google Earth、CS Firstについての最新情報、
そして、Innovation LabというGoogle本社 
Googleplexでも行われている
研修を受けることができとても貴重な体験をさせて頂きました。





ネット環境を整え、端末を揃えるその前に大切なこと。
それは、学校の文化、先生たちのコミュニティ、持続できるICT導入プラン。

そしてなにより、この先の未来の羅針盤である、
現場を一番知っている先生たちの2020年から先のビジョンです。

GoogleのProfessional Develpment パートナーとして、
責任を持ってビジョン到達のためのサポートをさせていただきたいと思っております。

今回、一緒に研修を受けたマレーシアのPD Partner
SOLS 24/7から直接聞いた話は、特に
心に響きました。

マレーシアでは、都会の子どもたちと田舎の子どもたちの間で
教育での格差が広がっており、大きな社会問題になっていたそうです。
しかし、インターネット環境を整え
Google for EducationとChromebookを導入したことによって
世界中の情報にアクセスができるようになり、
子どもたちが自主的に勉強できるようになったとのこと。

これまでも話には聞いていましたが、
実際に関わった方からのお話しは、やはり大きなインパクトを感じました。

いつの間にか世界は、
テクノロジーやAI、プログラミングによって

すっかり情報化されています。

大人たちはそのことにすでに気がついていますが、ICTをただ学校に導入するだけでは
教育の情報化を成功させることは不可能なのだ、ということを強く再認識させられました。

私たちにできること、PDパートナーとしての役割について意識し、より強い意志で実践していこうと思いました。

13:22 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 報告/レポート
2018/01/15

AutoDrawで誰でもイラストレーターに?!

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚
AutoDrawは、
才能豊かなアーティストたちの絵と機械学習の力の組み合わせで作られた
まったく新しいお絵かきツール。

AutoDraw

あっという間に、
どんなものでもプロみたいに上手なイラストが完成するので、びっくりします。

アイデア次第でいろいろな場面で使えそう。
とっても楽しいのでぜひやってみてくださいね。


15:17 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | Google for Education活用
2018/01/12

youtubeでGoogle for Education, G Suiteなどの各種アプリの解説動画を公開!

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL島袋



皆さん、こんにちは!
EDL Google for Educationトレーナーの島袋です。

Google認定教育者レベル1の合格者や受験された方のご要望にお応えし、
Google for Educationトレーナーによる解説動画を公開しました!

Google for Educationだけでなく、
G Suiteや無料Googleアカウントをご利用の方にも役立つ内容となっております。

※チャンネル登録をすると、更新のたびに通知が届きます!

21:00 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | お知らせ
2018/01/10

Google認定教育者レベル1対策講座を開催しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL島袋
皆さんこんにちは!
EDL Google for Educationトレーナーの島袋です。
トレーナー紹介が掲載されましたのでこちらも良ければどうぞ^^⇒ http://gsfe.edl.co.jp/trainer/

去る2017年12月17日にGoogle認定教育者 レベル1受験対策講座を担当させていただきました。
参加された方は、前日の怒涛の6時間にわたる講座から連日の参加でとても大変だったかと思いますが、ご参加いただき本当にありがとうございました!

 


はじめてGoogle認定教育者レベル1を知った方も多いと思いますので、Google認定教育者レベル1とその受験対策講座について簡単に説明していきます。


今後のセミナー開催日程


Google for Education活用集中セミナーとGoogle認定教育者レベル1対策講座 は毎月定期開催しております。
開催日などの詳細はこちらよりご確認ください。

⇒ http://gsfe.edl.co.jp/gfe-1/KS/
07:00 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 報告/レポート
2018/01/08

ソサエティ5.0

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚
最近ちょっと耳にする「ソサエティ5.0」。暮らしや働き方が変わると言われていますが、具体的にどんな風に変わるのか。あなたはイメージできますか?
今、政府広報の特設サイト「ソサエティ5.0」で、WEB限定で閲覧できる動画がおすすめです。
先生はもちろん、児童生徒、保護者にも20年先の未来を想像してもらうのに教材として使えるかもです。


09:32 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 教育ICT関連ニュース
2017/12/21

あなたの2017年はどんな1年でしたか?

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚ま

こんにちは!
EDL Google for Educationトレーナーのまどかです!


Googleが、2017年の”Year In Search”を公開しました。


世界中で今年一番Googleにて検索された質問は、
”How(どうやって、どんな方法で、どういうふうに)” でした。

インターネットが今まで以上に普及し、世界中の情報にあふれるこの時代に生きている私たちは
自分はどうすればいいのか、自分にはなにができるのか、その答えを常に探し求めています。

2017年は、ヒラリー・クリントン氏との接戦を経て
ドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領に就任されたり、
東京都知事に小池百合子さんに決まり築地市場移転など注目が集まり、
天皇陛下の退位が固まり、平成から新しい年号に2019年4月から変わることに。

未だに解決していないシリアの難民問題や、世界中で起きているテロと
不安なニュースもたくさん流れている1年でもありました。

そして、15歳のプロ棋士 藤井聡太4段、17歳の卓球 平野美宇選手、
サッカーでは久保健英選手、世紀の変わり目に生まれた
ティーンエージャーの活躍が止まらない1年でもありました。


2018年はどのような1年になるのでしょうか。

みなさんの1年が、笑顔の輝きとアイデアに満ち溢れている年になりますように。
来年もよろしくお願いいたします。


10:03 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/12/01

イノベーションを成功させるリーダー像とは

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚
PDパートナーサミットに参加する前にGoogleからこの宿題をやっておくように!と指示がありました。
それがこの動画を見ておくことでした。

私達PDパートナーの仕事は「学校におけるイノベーションを成功させること」です。
つまり、学校にICTを導入し、革新的なテクノロジーを先生方が自由自在に使えるようにするということです。
しかし、それは簡単なことではありません。
いったいどんなリーダーシップを発揮すればイノベーションは成功するのでしょうか?
ハーバード大学リンダ・ヒル教授の研究成果からそのヒントを得ることができます。


10:14 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 教育ICT関連ニュース
2017/10/04

【茨城県竜ケ崎第二高等学校】Google for Education 活用出張セミナー

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚ま

 

昨日10月3日は、講師平塚とスタッフ3名が茨城県立竜ヶ崎第二高等学校にお邪魔して

Google for Education 活用出張セミナーを実施してきました!

24名の先生方にご参加いただき、ハンズオン(実習)を中心に、楽しく開催させていただきました。

最初は「難し〜い!」との声がたくさん上がっていましたが、
2時間の講座が終わる頃には「楽しい!」との声や笑顔と笑い声があちこちで聞こえてきました。

まずは先生方には「できる!」を実感していただきたかったので、
本当によかったです。

今回は、Google Classroomを中心に、フォームドキュメントの合計3つのアプリの
活用イメージを膨らませて頂く内容で実施しました。

7月にGoogleの教育機関向けトレーニングの認定パートナーとなって、早3ヶ月。

多くの学校・団体が「現実的に・楽しく・すぐに教育の情報化」を実現できるように、
引き続き頑張ります!

Google for Educationの導入や研修に関心のある皆様、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

【日本一わかりやすい解説】を目指します!


16:05 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | Google for Education活用
2017/09/28

平成29年度 第2回 JAPET&CED 会員交流会Wi-Fiによる防災と教育の連携について

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚ま

9月26日に筑波大学東京キャンパス文京校舎にて開催された、
一般社団法人日本教育情報化振興会と一般社団法人ICT CONNECT 21共催
平成29年度 第2回 JAPET&CEC 会員交流会に参加してきました。

文部科学省・総務省より平成30年度概算要求の内容説明と、
総務省より、Wi-Fiによる防災と教育の連携について伺いましたので共有させて頂きます。

総務省「公衆無線LAN環境整備支援事業」
_
【事業概要】
当該補助事業は、防災の観点から、防災拠点(避難所・避難場所、官公署)
での公衆無線LAN(Wi-Fi)環境の整備を行うとともに、災害発生時の情報
伝達手段確保のため、被災場所として想定され災害対応の強化が望まれる
公的な拠点(博物館、文化財、自然公園等)におけるWi-Fi環境の整備を
行う地方公共団体等に対し、その費用の一部を補助するものです。

災害時の避難計画のある「体育館、特別教室、多目的教室、廊下」等への
Wi-Fi整備が補助対象となりますので、普通教室への直接的な整備は対象外
ですが、災害時に避難計画のある特別教室付近の廊下や、住民の避難を想
定している廊下等にWi-Fiを整備することにより、平時にはその電波の利用
を教員や児童生徒に限定して普通教室で利用可能だということがこの資料
では示されています。

【資料目次】
1.Wi-Fiの効果的な活用法
2.補助事業を活用したWi-Fi整備のポイント
3.補助事業を活用した学校での整備事例
4.参考情報

▼資料のダウンロードはこちら
http://www.japet.or.jp/Cabinet/?action=cabinet_action_main_download&block_id=204&room_id=1&cabinet_id=1&file_id=520&upload_id=1238
14:07 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | NetCommons活用
2017/09/24

第2回・第3回 Google for Education 活用 1日集中講座

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚ま

第2回 9月13日(水)、第3回 9月18日(祝月)
Google for Education 活用 1日集中講座開催いたしました。

     



9月13日は初めての平日開催だったのですが、
両日とも、満席御礼!大変嬉しいです。


龍ケ崎・水戸・つくば・東京・名古屋より合計16名の小学校・高校の先生方、
教育関係を勉強されている大学生、大学院生が受講されました。

10月下旬には本講座ではカバーしきれなかったところ、
そして、Q&Aを受け付けるハンズオンフォローアップ講座&受験日を1開催し、
受講者の方たちのレベル1合格に導きます。

Google for Education 教育認定者レベル1の資格がほしい!
ICT&GSuites for Educationを使いこなせる先生になりたい!
そんな先生・学生さんたちをEDLは、サポートします。

22:50 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 教育ICT関連ニュース
2017/09/19

Google for Educationのトレーニングと認定

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚
Googleが、Google for Educationサービスのオンライントレーニングセンターを提供しているのをご存知でしたか?

現在、オンライントレーニングセンターでは、
教室でGoogleのツールを一元管理するための基本的な方法と
さらにステップアップした方法
また、端末の利用についての3種類のコースが日本語で提供されています。

基本トレーニングには39のレッスン合計12時間分が提供され、
上級トレーニングの30レッスンが合計約10時間分提供されています。
08:47 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/08/27

【レポート】第1回 ICTスキルアップ短期集中講座

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚ま
記念すべき第1回目のICTスキルアップ短期集中講座
本日開催いたしました!
この講座はたった1日でGoogle認定教育者レベル1に合格できる準備ができるほど、
中身の濃いものをご用意しております。

  

会場はつくば市当社会議室。今日のために新しくChromebookを8台購入しました。
定員8名で満席です!

参加者の内訳は、私立中高一貫校の先生、市立小学校の先生、専門学校の先生(お2人)、
ICTトレーナー、パソコンの先生、プログラミングの先生、現役大学生など様々でした。

一番遠くは、奈良から夜行バスでYMCA大阪国際専門学校の先生が!
遠いところからありがとうございました絵文字:電車

      

今年8月に新発売となったChromebookが一人一台貸与され、
スライド、YouTube、Classroom、Gmailをはじめとした
G Suite for Educationの活用法をハンズオンで。

 

ハングアウト(Meet)は会場をちょっと離れて、
2人1組でのハングアウト会議を実際に体験していただきました。
まるで隣りにいるかのような接続の良さにびっくり。

そして最後にはサプライズで
講座に参加くださった古河市上大野小学校の薄井先生のミニ講演!
先日行われたパナソニックの実践報告で発表された内容
(教育ICT活用していられる中で気づかれたプレゼン指導のポイント)の
シェアしていただきました。
(出典:ICT教育ニュース 古河市上大野小、先生たちが公開研究会でプレゼンに挑戦
薄井先生、突然のご指名にも快くご対応くださり、ありがとうございました!



お疲れ様でした絵文字:重要


4人1グループでの調べ学習・プレゼンなど
アクティブ・ラーニングを中心としたハンズオンは楽しいととても好評でした。
良かったです。絵文字:笑顔

これからも楽しく意味のある講座をがんばって開催していきたいと思います。
次回はぜひあなたが参加して下さい!

最後に全員で記念撮影!皆の笑顔が良いですね。

絵文字:会議みなさんから寄せられた感想 絵文字:鉛筆

本校の研究について、実践を発信しようと考えていて、YouTubeの活用まではイメージできていたが、そのYouTube自体の発信方法をどうすべきかイメージができていなかった。
そこで、今日の活動を通してスライドの活用やサイトの作成で発信できそうな具体的なイメージを持つことができた

--
Google classroom、漠然と知っていましたが実際に触ってみてわかりやすかったです。
(今回は生徒役で体験しましたが)次回は、先生の立場からも試してみたい。

--
認定試験を受けるに当たってのハードルが下がったような気がします。安心して受験できます。
ありがとうございました。

--
一緒に学べるメンバーがいると楽しく学習でき、自分が気づかなかったことがわかって良いです。

--
Googleフォームなど、現状で活用できるツールのポイントを短時間で学べたことは非常に良かったです。改めて復習&センターでのトレーニングを積んで試験に望みたいと思います。本日は、ありがとうございました。

--
今日の講座を通してアクティブラーニングについて体験することができてイメージすることができた

--
今日1日講座を受けてみて、やはり勉強すればするほどわからないことは増えるもので、この7時間で受けた経験を単なる「豆知識」で終わらせないために、普段使っていく中で自分が(某先生の表現を使わせていただくならば)「新しい文房具」をどう活用していくのかが鍵なのかなと思った。ただ、これからのICT教育を支えていく上で、また学生として様々な作業に取り組む上で身に着ければ非常に心強い能力だと思うので、なんとか上手く使いこなせるようになりたいとより強く感じるきっかけになった。今日1日を通しての成長というよりも、今日を自分が成長する第一歩として認識できるときが来れば良いのではないか。1日ありがとうございました。

--
Chromebookのメンテナンスがとっても簡単でびっくりしています。ユーザーのアクセス制限設定できること、サーバをアクセスの代わりに、クラウドで作業できることが便利と思います。職場での業務時間を開放されると感じます。
小中高の学校はマイクロソフト依存せず、安くパソコン環境ができる。
Googleのいいところは、コンテンツを注目できるようになった気がします。

19:39 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0) | Google for Education活用
2017/08/24

【レポート】NetCommons ユーザカンファレンス 2017

Tweet ThisSend to Facebook | by EDL平塚ま
NetCommons ユーザカンファレンス2017が都内にある学術総合センタービル内一橋講堂ほかにて開催されました!
NetCommonsユーザカンファレンスは2006年から開催されており、今年で11回目だそう。
当社平塚は、皆勤賞(!)となります。驚

       

EDLは、今年のカンファレンス企画、運営を担当しました。
さらに、当社平塚はメインセッション時の司会&ワークショップ講師を担当させていただきました。

メインセッション
  1. NC開発者の新井紀子先生のご挨拶
  2. Google Cloud Japan合同会社 カスタマーエンジニア 水江氏による「Googleの考える情報セキュリティ」
  3. 【関連情報】
     G Suite のセキュリティと信頼
     Google Cloud Platformのセキュリティ
     Chromebookのセキュリティ
  4. NTTテクノクロス株式会社 クラウド&セキュリティ事業部 営業部門 担当部長 星氏による「サイバーセキュリティトレンド2017
  5. コモンズネット 理事 永原氏による「コモンズネット新規事業について
  6. コモンズネット 理事 寺口氏による「NetCommons2.0から3.0へ 移行ツールはこう使う!
というスケジュールでした。
各リンクから当日の資料がダウンロードできますよ。

  

企業ブースでは、8社が出展しました。
EDLブースでは、
ChromebookにてNetCommons3のデモサイトの操作紹介

さらにワークショップは、
  1. NetCommons3操作研修<基本編B>
  2. NetCommons3操作研修<管理者編>
  3. NetCommonsを利用しての他のシステムとの連携事例(NC + Google for Education)
定員は倍率2〜3倍の抽選を経て、満席+立ち見の方々が多く来てくださり超満員でした。

    

ワークショップに応募してくださった方、
参加してくださった方、視聴してくださった方、
そして、EDLブースに足を運んでくださった方、
みなさま、ありがとうございました
絵文字:重要

このワークショップで紹介されたコンテンツは、
本サイトに会員登録いただいた教育関係者の皆様には
9月1日より順次、無料公開していく予定です。
ぜひSE'会員にご登録ください!

今回のユーザカンファレンスでは特別に無料でワークショップを提供いたしましたが、
1時間とお時間が短く、もっとじっくり学びたい!というニーズも多かったと思います。

EDLでは、G Suite for Education活用講座、ICTスキルアップ短期集中講座、
NC3操作研修などなど、今後、
毎月つくば市または東京にて開催していく予定ですので、本サイトでまたお知らせしていきますね。

     

Smart Educators' は日本全国津々浦々 教育の情報化推進するためのポータルサイトです。


EDLで実施した活動をこれからもご報告していきます。
学校に出張研修・生徒向けの講座なども行って参りますので、ぜひお問合せ下さい!


EDL Educationチーム 
Mail: edu@edl.co.jp Tel: 029-846-1126
茨城県つくば市二の宮1-23-9
担当 酒井・平塚
15:45 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | Google for Education活用