教育ICT推進ナビゲータ、EDLサービスサイト

 
 

国が開発した公的教育機関向けシステム
NetCommons とは

 国立情報学研究所(NII)が開発・提供するオープンソース・ソフトウェアです!

 文部科学省も評価するシステムで、現在導入実績は全国3,500件以上!

 ReaD&Researchmapの基盤システムでもあり、連携させたサイト管理も可能!

 ネット上で情報共有するために必要十分な機能が40種類も標準装備!

 タイムリーな情報発信とコンテンツ管理の負担を軽減!


ITライトユーザ向けシステム
NetCommons ができること

EDLでは、学校や行政の情報化推進のために、インフラとなるべく国家プロジェクトとして開発され、現在では全国で3分の2以上の都道府県レベルの教育委 員会で利活用されている「教育の情報化」推進の切り札NetCommons®の導入及びシステム保守を提供しています。
ITの専門知識がなくても、誰も が短時間で利用できるため、労力もコストも軽減させることもできる国産システムであり、我が国が誇る「情報化のためのワンストップサービス」です。


 いつでもどこでもホームページ更新 

◆ ネットにつながれば、メール送信やワード感覚でページを更新できる、ITライトユーザ向けシステム!
更新の頻度・スピードがあがります!

◆ いざという非常事態に、特定のパソコンでなくても、モバイル端末からも情報発信ができます。

 

 ホームページだけでなく、グループウェアも構築可能

 一般公開エリア(パブリックスペース)・・・ホームページとして

◆ 非公開エリア(グループスペース)・・・・・登録会員同士の情報共有エリア
 ※NetCommonsはサイトに会員を登録することができます。
  その登録された会員のみが閲覧、投稿することができるスペースを「グループスペース」といいます。

◆ 本人専用(プライベートスペース)・・・・・USBメモリ代わりの個人エリア

 

 多種多様なプラグインで高機能なページ作成

◆ 通常ホームページを作る際に必要とされるHTMLやCSSなどの知識は不要です。

◆ 標準装備されている40種類の「プラグイン」で簡単に高機能なページを作ることができます。

 
NetCommonsとは?その特徴を解説します。
 
NetCommons2から3へ!バージョンアップの背景について解説します